新築 売りたい

↑新築物件の取り扱いも豊富です!↑

新築の売却は早いほど高くで売れます

新築を売りたい、もう家はいらないという方に・・・

新築一戸建て、新築の分譲マンションの購入をしたものの諸事情により新築を売りたい、売る必要性がでてきたという方は結構いらっしゃいます。

 

↓新築を売りたいと考えている方で急ぎの方はコチラをどうぞ

 

 

 

夢の新居に引越したものの・・・・

 

・リストラ、給料削減、ボーナスカットにより住宅ローンが払えなくなりそう
・急な妻の妊娠で共働きができずに家計が苦しい
・旦那の借金が発覚して借金返済と住宅ローンを同時に返せない
・仕事の転勤が決まり、家族で一緒に転勤することに・・・
・新居に引っ越したものの夫婦げんかが絶えず離婚することに・・
・ご近所トラブルで家族がうつ状態、ノイローゼ状態に・・・
・引越した途端に、アレルギー、シックハウス、ハウスダスト症状が・・
・親からのお金の補助、支援が貰えずローンが払えない・・
・子供の転校、留学、いじめで学校を遠方に変えた・・・

 

などなど、新築一戸建てを購入したり、土地&建物を建てたり、新築分譲マンションを購入したりした方でも上記の理由から、新築を売りたいという方が多いんです。

 

実際に私の周りでも多くの方が新築を購入したものの、1年、2年で引っ越しした方、1年以内で引越しをした方が多くいるんですよね。。。

 

では、実際に新築物件(戸建て、マンション)を売りたいと考えた場合の対策はどのような方法が考えられるでしょうか?

 

で、結局どうするの?

実際、現実的に考えると「支払いを続ける」か「売る」を選択するしか無いということがわかります。

 

新築の物件を売りたい・・・と実際考えた場合でに頭金や税金を払って、ローン支払いが始まっている以上、住宅のローン(残債)をどにかする必要がでてきます。
ローンを組んでいる以上、支払いの義務がありますからね。

 

そうなると以下の場合が考えられます。

 

・なんとかお金を工面し、住宅ローン返済を続ける(毎年の固定資産税も)

 

・住んで間もない新築だけど売却して残債を返済する

 

↑大きく分けて、この2通りが考えられます。

 

まずはシンプルに考えていく必要があります。いずれにせよ、住宅は高い買い物で一括支払いをしている方はほぼいないわけですから、住宅ローン、残金を返済する必要があります。

 

細かく考えると以下のような対応が現実的ですね。

 

お金が足りない場合でも住み続ける

 

一般的な給与があり、ボーナス等もある。住宅ローンもなんと払っていけそうだという見込みがあるならば、できるだけ今の状態で住み続けることをオススメします。

 

住宅ローンを設定している銀行や金融機関に、返済期間を伸ばしてもらう、月額返済を調整してもらうのもオススメです。また、現在では住宅ローンの借り換えも金利が低い場合は有効です。ただし、借り換え手数料等がかかる場合がありますので、確認しましょう。

 

一時的にお金の余裕がなくなる場合等は両親や兄弟に頼んで、一時的に借りるのもいいですし、働いているならば一時金として必要な額のみ金融機関からキャッシングするのが簡単です。

 

お金がないことを会社やご近所に知られたくないでしょうし、なにより住宅ローンの滞納は金融機関から信用調査が入られてしまう場合がありますので、信用が高い内にキャッシングを利用することをオススメします。

 

ちなみに、クレジットカードのローンは金利が高くオススメしません。カード枠の現金化などもってのほかです。キャッシングは実は早期返済では金利もかなり安いです。

 

一時的なお金の準備には利用価値が高いので、信用のあるうちに実績を作っておくと安心です。キャッシングは怖いイメージがありますが、近年は厳しい規制があり、借り手に有利な条件で借りることができます。

 

お金が足りないから売却する

 

住宅ローンが想定以上に家計を圧迫する、借金返済等が重なってしまった、共働きができなくなった、離婚等による慰謝料の支払いが重なってしまったので、新築を売りたい・・という方は多くいます。

新築に住み続けると完全に自己破産、キャッシュアウトする・・という場合は、できるだけ早めに新築を売ることを検討しましょう。

 

住宅は前に住んでいた方の居住年数が少ないほど、家の汚れ、家具類が新しいほど高く売れます。

 

新築を売りたいと不動産会社、仲介会社の営業マン、工務店、マンション営業マンに相談すれば、売ればナンボの世界ですので、買わせてしまえば利益。で、住んで間もない新築の状態で買えれば、高く売りやすいので更に利益になります。ですので、多くの業者は喜んで相談に乗ってくれるでしょう。

 

数ある不動産買取業者の中から、最も高く家やマンションを売りたい場合はコツがあります。
シンプルなんですが一番高く売れる不動産業者を探すことです。

 

家を高く売れるか売れないかは一生に関わる大きい金額ですから、とても大事です。

 


>> 不動産売却・不動産査定業者比較サイト「イエウール」
↑無料で全国で1200社を超える大手、地元不動産業者で査定比較ができます。

 

残債をできるだけ完済に近づけるためにも複数の不動産業者へのアプローチが大事です。

 

新築を高く売る業者探し

 

では、実際に不動産のことに詳しくなく、かつ、時価相場や交渉などに詳しくない一般人がどうやって高く家を売れる不動産業者を探すかというと・・・

 

お住い地域の不動産業者&大手ハウスメーカーと多数提携している不動産買取サービス【無料】を活用することです。

 

一番高く自宅の価格を評価してくれる不動産業者を手っ取り早く探すには一括見積もり査定で同時に複数に想定い客額の査定依頼に出すことです。

 

チェックしてくれる業者が多ければ多いほど競争して高くなる可能性があります。競合があれば、売却額の上乗せのみでなく、住み続ける期間の延長等もオプションで相談できます。

 

早く売ってくれれば価格が大きく下がるとか、大きいイベントがあるので今のうちにと脅しや脅迫に近いしつこい営業をされる場合は、容赦なく切り捨てても大丈夫です。そのために複数の不動産業者に見積もり査定、評価査定を依頼するわけですからね。

 

決して買った会社のみとか、知り合いの一社のみというような面倒だから一社に任せるということのないように。不動産業界はそんなに甘い世界ではありません。知人友人でも、あなたの一生に関わる不動産の売却です。できるだだけ高くで売却し、住宅ローン残債を減らして、今後の支払いをラクにしておきましょう!

 

誰もあなたの代わりに住宅ローンの残債、借金は払ってはくれません。


新築を売却しても破産寸前、住宅ローン地獄に・・・

病気、怪我、入院、急な出費などで家計が苦しい、貯金がない、家族の借金返済がある、給与が下がってローンが払えないという状況の場合、住宅ローン地獄に落ち入り、家を手放すどころか、自己破産一歩寸前に行く可能性があります。

 

※ウシジマ君でも住宅ローンの支払いで家庭が崩壊した話がありましたね。。

 

大きい残債(住宅ローン、家の購入代金の残り)は一番早く手放し、手頃に払える賃貸住宅に引越ししておきたいところです。

 

実家に住めるという形が取れるなら一時的に実家に住まわせてもらうのもありです。

 

住宅ローンの滞納は金融機関からの信用を大きく損ないます。できるだけ早めに高くは売却しましょう。

 

俗にいう家計の三大出費(住宅、教育、車)の中でもっとも固定的に毎月支出して、ボーナス払いをしている方の場合にボーナスのお金を一気に持っていかれるのが住宅ローンです。

 

毎月の支払いの中で借金だったり、慰謝料だったりの支払いに加えて住宅ローンが重なるなどした場合は本格的に危険水域です。できるだけ早めに住宅ローン支払いの軽減を銀行や金融機関に相談するか、高値がつくうちに新築でも住宅を売ることを考えましょう。

 

ただ、新築を売っても家のローンが残ってしまう、その他のローンや借金の支払いが重なって家計が苦しいという場合もあります。借金地獄につきすすみたくないという方は一度、借金問題、返済についてのアドバイスが貰える相談無料の法律事務所を活用してみてください。

 

↓24時間365日全国相談無料の弁護士事務所「樋口総合法律事務所」

 

>> 樋口総合法律事務所の無料相談窓口はコチラ

 

ネットですべて連絡、依頼ができます。時間がない方、債務整理のプロ弁護士に無料相談したい方はコチラがオススメです。
※近くの法律事務所、弁護士が債務整理問題に得意とは限りませんのでご注意ください。

 

多重債務などの返済で毎月の家計が苦しく破綻寸前という方の多くが、法律事務所からのアドバイスや債務整理(特にライトな方法でもある任意整理)を行い、借金やローンが払えないという状況から脱しています。

 

愛する家族を守るため、せっかく新築を手に入れたけど、その家やマンションを売ってまで頑張ろうとしている貴方の力添えをしてもらえますよ!

住宅ローンが払えず、自己破産って・・・・

実際、住宅ローンが払えなくなり自己破産。。。という甚大な人生のダメージを受ける方は多くいます。

 

住宅ローンの返済滞納のみでなく、車のローン、慰謝料の支払い、親の介護や借金など別な借金返済だったり、多重債務、が重なった場合は債務整理、任意整理、自己破産を含めて想定をしておかなければいけません。

 

債務整理の一つである自己破産をする場合、借金を返済せずにすべてが片付いてしまう一方、デメリットも多くあります。

 

自己破産によるデメリット

 

・ ブラックリストに記載されるため、借入が7年間できない
・ (破産者の)住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されてしまう
・ 保険の外交員、警備会社の警備員など一部就けない職業がある
  (破産開始決定を受けてから、免責決定を受けるまでの間)

 

自己破産をしても戸籍に破産者であることが記載されるわけではありませんし、年金受給権や選挙権がなくなるわけではありません。

 

就職先が制限されたり、借入が7年制限されたりと、不具合が多々でてくるのも現実ですが、メリット・デメリットをよく考えた上で、プロの法律家に相談してみましょう。

 

住宅ローンの滞納くらいであれば、他の借金等との合算で任意整理というライトな債務整理で済む場合がほとんどですから、住宅ローンが払えない!!このままでは自己破産で職場にもバレて、家族や親戚にもバレて人生終わりだ!なんて悲観することはありません。

 

借金、ローンのことで悩んでいる場合は、ひとまず冷静になって、お住い近くのプロに相談してみることをオススメします。

 

弁護士事務所や司法書士事務所を無料で探せるだけでなく、無料で弁護士や司法書士と相談するできる事務所も探せます。